【最新版】ジュンビー グリーンゼリーの成功率について教えてください

この記事ではジュンビー グリーンゼリーの成功率について詳しく解説しています。

さて先に答えを言ってしまうと、グリーンゼリーのみの場合だと:65~75%となっています。

公式サイトには掲載されていませんが、ネットでの評価や体験談、SNSの評価などから成功確率を書いています。

ただあくまでグリーンゼリーのみの場合なので、

下記のことを組み合わせて挑戦していくことで産み分けの成功率がグッとあがってきます。

  1. ジュンビーのグリーンゼリーを使う
  2. 排卵検査薬ドゥーテストでタイミングを取る
  3. じっくりと行為を行う
  4. 男性側がコーヒー(カフェイン)を飲む
  5. 男性側が4~5日禁欲する

上記のことを挑戦していくことでグリーンゼリーと合わせておおよそ85%まで上がっていきます。

さてこれから詳しい産み分けの成功率を知りたい方はこのままお進みくださいまたは先にグリーンゼリーを買って起きた方は公式通販サイトにアクセスしてください。

 

■ジュンビーグリーンゼリーの公式サイトはこちら←

 

ジュンビーのグリーンゼリーを使う

これは言わずもがなですが行為をするときは必ずグリーンゼリーを入れてください。

これだけで確率があがりますので!

排卵検査薬ドゥーテストでタイミングを取る

排卵検査薬ドゥーテストといって排卵日をしることで男性と女性を産み分けることができます。

左の赤丸に注目をしていほしのですが縦線が濃い日(陽性)に行為をします。
この場合だと19日ですね。

排卵日が近い(縦線が濃い)日に行為をするということですね

逆に縦線が薄いとき(陰性)にピンクゼリーを入れて行為をすると女性が生まれやすくなります。

排卵検査薬ドゥーテストはamazonで購入できるので産み分け確率を上げるなら買ってみてください。

実は精子にはY精子(女の子)とX精子(男の子)と2種類います。
X精子はY精子よりも寿命が短いので排卵日に日が近くないと、卵子に届く前に死滅していまいます。
なので男性を生みたいのであれば卵子に届く排卵日の日に合わせることで成功率があがります。

じっくりと行為を行う

じっくり行うことで膣内がアルカリ性になり男の子が生まれやすくなります。

X精子はアルカリ性に強いため膣内がアルカリ性であるほど男の子が生まれやすくなります。

膣内は正常であれば酸性なんですがじっくりと行為を行っていくと徐々にアルカリ性に変わっていきます。

 

■ジュンビーグリーンゼリーの公式サイトはこちら←

 

男性側がコーヒー(カフェイン)を飲む

行為をする1時間前にカフェインが含まているものを体に入れることでY精子の活動が活発になります。

別にコーヒーでなくてもカフェインさえ含まれていればなんでもいいです。

男性側が4~5日禁欲する

こちらに関しては4~5日禁欲をすることでY精子の量が増えて男の子が生まれる確率があがります。

まとめ

  1. ジュンビーのグリーンゼリーを使う
  2. 排卵検査薬ドゥーテストでタイミングを取る
  3. じっくりと行為を行う
  4. 男性側がコーヒー(カフェイン)を飲む
  5. 男性側が4~5日禁欲する

ここまでジュンビー グリーンゼリーの成功率について書いていきました。

もし旦那さんも男の子を希望するのであれば相談して一緒に確率を上げてもらうのが良いかと思います。

 

■ジュンビーグリーンゼリーの公式サイトはこちら←

 

タイトルとURLをコピーしました